保険料は上がる可能性がある

通常、生命保険は一旦契約すると、保険料が上がることはありません。
しかし、一部の保険では、保険料が上がることがあります。これが負担になり、家計が厳しくなる人もいるようですよ。

契約するときは、十分に注意が必要です。

更新型は保険料が上がる

保険料が途中で上がるのは、更新型と呼ばれる契約をした場合です。
更新型というのは、名前の通り、一定の期間が過ぎたあとに契約を更新するタイプの保険です。

例えば、10年間は月々の保険料1万円というような契約をしたとします。
更新型の場合、10年たった時点でこの保険をさらに10年延長することができます。

問題は、この更新のタイミングで、保険料が変わるという点です。
最初の契約の段階では、被保険者は若いですから保険金に対して保険料は安くなります。

しかし、10年後の契約では、被保険者は当然10歳年を取っていますからその分保険料が上がるのです。

保険料は更新のたびに上がり続け、家計を圧迫する要因になり得ます。
更新時の値上がりを考慮しなかったために、計画が狂ってしまうという人も多いようです。

保険を契約するときには、必ず更新型かどうか確認するようにしましょう。

更新型の保険は最初は保険料が安いので、条件がいい保険に見えてしまいます。
見た目の条件のよさに騙されず、トータルで保険料がいくら必要なのかを認識しておくことが必要です。

投資信託での資産運用を考えるなら、その前にiDeCoの検討を

投資信託での運用を考えているあなた。その前にiDeCo は活用していますか?

iDeCo なら、投資信託を使った資産運用ができる上に、有利な節税の仕組みもあります。条件が整えば、年間数十万円単位の節税になる人もいます。この有利な仕組みを使わない手はないでしょう。

ちなみに、手数料等を考慮すると、iDeCo の窓口金融機関にはネット証券がお勧めです。興味がある方は資料請求から。

投資信託では金融機関はどこを使う?

投資信託を使って資産運用をするならSBI証券がおすすめです。取り扱い本数が2,500本以上とかなり多く、顧客満足度も高い証券会社だからです。

投資信託の積立をして長期的な資産形成をする場合も、やっぱりSBI証券が良いでしょう。銀行や信用金庫からの自動引き落しに対応していて、とても便利です。月々100円から積立てられるのもメリットですね。

ETF を選ぶ人は手数料にこだわっている人が多いはずです。もしそうなら、証券会社に支払う売買手数料にもこだわるべきですよね。大手証券会社の窓口なんかで買ったら、手数料が高くなって本末転倒です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。