債券の知識│割引債とは

【問題】

額面より低い価格で発行される債券を割引債という。

一般に割引債には利息が付くが、利率は利付債より低い。

○か×か?


債券と言うと、定期的に利息が支払われる利付債を思い浮かべる人が多いでしょう。

しかし、割引債というタイプの債券も存在します。

この割引債とはどんな債券なのでしょうか?

割引債とは

額面より低い価格で発行される債券を、割引債といいます。

償還価格より低い価格で売り出すことで、償還した時点で購入価格との差額が投資家の利益になるわけです。

この差額分が利付債の利息に相当すると考えると良いでしょう。

ちなみに、割引債には利息は付きませんから、問題文の説明は間違いと言うことになります。

ということで、答えは「×」です。

投資信託での資産運用を考えるなら、その前にiDeCoの検討を

投資信託での運用を考えているあなた。その前にiDeCo は活用していますか?

iDeCo なら、投資信託を使った資産運用ができる上に、有利な節税の仕組みもあります。条件が整えば、年間数十万円単位の節税になる人もいます。この有利な仕組みを使わない手はないでしょう。

ちなみに、手数料等を考慮すると、iDeCo の窓口金融機関にはネット証券がお勧めです。興味がある方は資料請求から。

投資信託では金融機関はどこを使う?

投資信託を使って資産運用をするならSBI証券がおすすめです。取り扱い本数が2,500本以上とかなり多く、顧客満足度も高い証券会社だからです。

投資信託の積立をして長期的な資産形成をする場合も、やっぱりSBI証券が良いでしょう。銀行や信用金庫からの自動引き落しに対応していて、とても便利です。月々100円から積立てられるのもメリットですね。

ETF を選ぶ人は手数料にこだわっている人が多いはずです。もしそうなら、証券会社に支払う売買手数料にもこだわるべきですよね。大手証券会社の窓口なんかで買ったら、手数料が高くなって本末転倒です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。