投資信託を買うなら楽天証券がおすすめ

投資信託の投資を始めようと思ったときに、最初にするのが証券会社に口座を開くことです。

最近は証券会社以外でも投資信託を購入できますが、証券会社を利用するのが合理的な選択だと思います。

証券会社の中でも、ネット証券会社、特に楽天証券がおすすめです。

このページでは、その理由をご説明したいと思います。

手数料を考えるとネット証券会社

投資信託を買うときには、2つの手数料に注意しないといけません。

一つが信託報酬で、もう一つが販売手数料です。

信託報酬と言うのは、投資信託の運用にかかるコストに対する手数料です。

具体的には、運用担当者を雇う費用や、報告書作成の費用がこの中から支払われていると考えてください。

ちなみに、信託報酬は私達が預けたお金の中から毎日少しずつ支払われています。

もう一つの販売手数料は、売買時に販売窓口に対して支払われる手数料です。

販売手数料は、投資信託の購入時に1回だけ支払う手数料です。

販売手数料についてぜひ知っておきたいのが、販売会社によって手数料が違うと言う点です。

販売手数料は、投資信託の約款に定められた範囲で販売会社が自由に決定することができます。

ですから、どの会社と取引するかというのは非常に重要になってきます。

そして、販売手数料が安いのは、なんと言ってもネット証券会社です。

手数料を引下げると言う観点から考えると、ネット証券会社を選ぶのは当然の選択と言えるでしょう。

選べる投資信託の数・種類から選ぶと…

取り扱う投資信託の本数から考えても、銀行などで購入するより証券会社のほうが優れていると言えるでしょう。

しかも、これもネット証券会社がおすすめです。

まず取り扱う投資信託の本数が多いというのが、ネット証券会社をおすすめする理由です。

例えば、楽天証券と野村證券を比べると、楽天証券の方が取り扱い本数が多いのです。

でも、もう一つ理由があります。

野村證券や大和証券といった大手の証券会社は、自分達と資本関係がある投資信託運用会社をもっているのが一般的です。

企業の立場から考えると、自分達と資本関係のある会社の投資信託を売りたいと考えるのは当然のことです。

ということは、どうしても資本関係のある運用会社の投資信託の取扱が多くなりますし、そういった商品をすすめる可能性が高くなります。

つまり、取り扱う投資信託に偏りができる可能性があるのです。

これは投資家の立場から考えると、マイナスですよね。

逆にネット証券会社の場合は、こういった制約が少ないので、自由に投資信託を販売することが可能です。

このような理由から、ネット証券会社をおすすめするのです。

積み立てのしやすさから考えると…

投資信託の購入方法でおすすめなのが、毎月数万円ずつ積立てるという投資の仕方です。

投資信託は株式のようにタイミングをはかって購入するのが難しい商品です。

購入時に思ったよりも高く買ってしまうというリスクがあるのです。

このリスクを避けるためには、購入時期を分散すると言う方法が正しいと考えられます。

何回かに分けて買うことで、思わぬ高値で買ってしまうリスクを避けるのです。

また、毎月少しずつ買うと言うやり方は、一度に沢山のお金をかける通常の買い方よりも心理的な抵抗が少ないという事も言えるでしょう。

一度に120万円の投資信託を買うのは勇気がいりますが、毎月5万円ずつ2年掛けて購入するとしたら抵抗はそれほど大きくないですよね。

投資信託を積立てるときに便利なのが、またしてもネット証券会社です。

まず、積立可能な投資信託の本数が多いという特徴がネット証券会社にはあります。

投資信託の積み立ては、全ての投資信託で可能なわけではありません。

どの投資信託を積立可能とするかは、証券会社の判断に任されています。

ネット証券会社は投資信託の積立投資に積極的なので、積立てられる投資信託が多いのです。

また、毎月の積み立て可能額の設定が柔軟なのもネット証券会社のメリットでしょう。

具体的に言うと、楽天証券カブドットコム証券などの一部の証券会社では、投資信託一本に対して1,000円単位で投資信託の積み立てが可能です。

通常は、1万円単位と言うのが一般的です。

これはすごい大きなメリットです。

例えば、月々の予算4万円で5本の投資信託の積み立てがしたかったとします。

月々の積み立てが1万円単位でしかできなければ、5本のうち1本はあきらめないといけません。

また、全ての投資信託を同じ金額を投資しないといけません。

しかし実際には、あるファンドは多めに購入し、別のファンドは少なくしたいと言う希望もあるはずです。

こういう工夫が出来ないという点で、1万円単位の積み立てというのは柔軟性を欠くのです。

1,000円単位で積立てられるメリットをわかっていただけるでしょう。

総合的に考えると楽天証券

以上のような点を総合的に考えると、投資信託を買うなら楽天証券を選ぶのが自然な選択のように思います。

具体的に言うと、手数料が安くて、取扱本数が多く、積み立てがしやすいのです。

選ばない理由は無いでしょう。


楽天証券 口座開設はこちらから


投資信託での資産運用を考えるなら、その前にiDeCoの検討を

投資信託での運用を考えているあなた。その前にiDeCo は活用していますか?

iDeCo なら、投資信託を使った資産運用ができる上に、有利な節税の仕組みもあります。条件が整えば、年間数十万円単位の節税になる人もいます。この有利な仕組みを使わない手はないでしょう。

ちなみに、手数料等を考慮すると、iDeCo の窓口金融機関にはネット証券がお勧めです。興味がある方は資料請求から。

投資信託では金融機関はどこを使う?

投資信託を使って資産運用をするならSBI証券がおすすめです。取り扱い本数が2,500本以上とかなり多く、顧客満足度も高い証券会社だからです。

投資信託の積立をして長期的な資産形成をする場合も、やっぱりSBI証券が良いでしょう。銀行や信用金庫からの自動引き落しに対応していて、とても便利です。月々100円から積立てられるのもメリットですね。

ETF を選ぶ人は手数料にこだわっている人が多いはずです。もしそうなら、証券会社に支払う売買手数料にもこだわるべきですよね。大手証券会社の窓口なんかで買ったら、手数料が高くなって本末転倒です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , , , , ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。