意外と多いジャパンネット銀行の投資信託

ジャパンネット銀行が投資信託に関するプレスリリースを出していました。

取り扱う投資信託の本数を4本増やすという情報です。

ジャパンネット銀行、JNB投資信託で新たに4本のファンドの販売を開始
http://release.nikkei.co.jp/detail.cfm?relID=257739&lindID=3

今回取扱ファンドを増やすことで、135本になるんですね。

思ったよりも多いという印象です。

もっと少ないと思っていました。

今回追加されるのは

今回追加されたのは、次の4本です。

・DIAM新興国ソブリンオープン通貨選択シリーズ<ブラジルレアルコース>
・DIAM新興国ソブリンオープン通貨選択シリーズ<円コース>
・DIAM新興国ソブリンオープン通貨選択シリーズ<豪ドルコース>
・DIAM新興国ソブリンオープン通貨選択シリーズ<南アフリカランドコース>

何れも今人気の、高配当のソブリン債に投資するファンドですね

ソブリン債というのは、国債のことだと思っておけば良いでしょう。

細かく言うと、ちょっと違うんですけどね。

今回のファンド発売に関して、何かキャッシュバックのキャンペーンをやるようです。

興味のある人は、チェックしてみてはいかがでしょうか。


ジャパンネット銀行に口座を作る


投資信託での資産運用を考えるなら、その前にiDeCoの検討を

投資信託での運用を考えているあなた。その前にiDeCo は活用していますか?

iDeCo なら、投資信託を使った資産運用ができる上に、有利な節税の仕組みもあります。条件が整えば、年間数十万円単位の節税になる人もいます。この有利な仕組みを使わない手はないでしょう。

ちなみに、手数料等を考慮すると、iDeCo の窓口金融機関にはネット証券がお勧めです。興味がある方は資料請求から。

投資信託では金融機関はどこを使う?

投資信託を使って資産運用をするならSBI証券がおすすめです。取り扱い本数が2,500本以上とかなり多く、顧客満足度も高い証券会社だからです。

投資信託の積立をして長期的な資産形成をする場合も、やっぱりSBI証券が良いでしょう。銀行や信用金庫からの自動引き落しに対応していて、とても便利です。月々100円から積立てられるのもメリットですね。

ETF を選ぶ人は手数料にこだわっている人が多いはずです。もしそうなら、証券会社に支払う売買手数料にもこだわるべきですよね。大手証券会社の窓口なんかで買ったら、手数料が高くなって本末転倒です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。