海外株式は不調 海外債券は好調

先月の投資信託の売買状況が分析されています。

■再送:〔アングル〕7月の投信への資金流入は高水準、内外不安材料多く株式には慎重なスタンスも

 [東京 2日 ロイター] 投資信託への資金流入は7月も5000億円を超えるなど、高水準を維持している。新規投信の設定額も前月の倍近い額となった。しかしながら業界関係者の間では資金流入の勢いが精彩を欠いてきたとの見方が台頭してきている。「海外債券」や「不動産投信」、「国内債券」への資金流入が継続する一方で、株式投信からは資金流出が目立ち始めたためだ。「内外株式市場のボラタイルな動きに、高いリスクを取りたくない個人投資家は株式に絡むものに関して慎重な投資スタンスを取り始めている」(大手証券)との声が出ている。
http://jp.reuters.com/article/domesticFunds/idJPnTK041636920100802

海外株式は資金流出がある一方で、海外債券の資金流入が好調というのがさっぱり分かりません。

海外リスクを怖がっているわけではないんですね。

投資信託の販売は好調のようだ

投資信託の販売が好調みたいですね。

5,000億円を超える資金が流入しているようです。

5,000億円というのが、平均より多いのか少ないのか分かりませんが。

まあ、記事の感じからすると、悪くない水準なのでしょう。

ただ、市場関係者は楽観はしていないようですね。

原因は株式です。

株式投信を買う人が減り、売る人が増えるという傾向があるようなのです。

リーマンショックの傷がいえてない人もいるでしょうし、ギリシャ問題とかは影響しているのかもしれませんね。

ただ、海外債券ではリスクをとる人がいるようです。

これは不思議です。

海外株式が特に悪い

海外株式の調子が悪いみたいですね。

国内株式が「流入超を維持」しています。

悪いなりにがんばっているということですね。

その一方で、海外株式で資金流出が起こっているというのは、ちょっとわからないです。

日本の経済の見通しのほうが、よっぽど暗いと思うんだけど。

為替が原因かとも思いました。

円高が進行していますから、海外資産は敬遠しようと思っている人も多いでしょう。

でも、そうでもないようです。

なぜかというと、海外債券は良く売れているみたいですからね。

海外債券も、高分配金目当ての毎月配当型を買っているとすれば、そんなにおすすめできないんだけどなあ。

リスクという意味では、それほど低くは無いです。

海外株式が売られて債券が買われるということは、利下げでもすると思っているのかなあ?

でも、利下げをするなら、株式も上がるか。

となると、債権国が景気後退すると思っているのかな?

それだと、デフォルトのリスクも怖いんだけど。

高利回り債券の国だと、安心は出来ないでしょう。

色々考えても、よく分からないです。

ついでに書くと、国内債券も良く売れているようです。

それにしても、国内債券なんて、何が楽しくて買うんですかねえ?

本当に分からないです。

銀行預金よりは多少マシくらいのものだと思うんですけど。

何れにしても、投資家の間でも、株式は敬遠されているということですね。

投資信託での資産運用を考えるなら、その前にiDeCoの検討を

投資信託での運用を考えているあなた。その前にiDeCo は活用していますか?

iDeCo なら、投資信託を使った資産運用ができる上に、有利な節税の仕組みもあります。条件が整えば、年間数十万円単位の節税になる人もいます。この有利な仕組みを使わない手はないでしょう。

ちなみに、手数料等を考慮すると、iDeCo の窓口金融機関にはネット証券がお勧めです。興味がある方は資料請求から。

投資信託では金融機関はどこを使う?

投資信託を使って資産運用をするならSBI証券がおすすめです。取り扱い本数が2,500本以上とかなり多く、顧客満足度も高い証券会社だからです。

投資信託の積立をして長期的な資産形成をする場合も、やっぱりSBI証券が良いでしょう。銀行や信用金庫からの自動引き落しに対応していて、とても便利です。月々100円から積立てられるのもメリットですね。

ETF を選ぶ人は手数料にこだわっている人が多いはずです。もしそうなら、証券会社に支払う売買手数料にもこだわるべきですよね。大手証券会社の窓口なんかで買ったら、手数料が高くなって本末転倒です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , , ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。