ハイリスク・ローリターンの商品に手を出さない

投資の話になると、よく、ローリスク・ローリターンとか、ハイリスク・ハイリターンという言葉が使われます。

沢山儲けようと思ったら、それなりのリスクは取らないといけません。

安全に運用しようと思ったら、大きく儲けることは出来ません。

ここまでは間違いありません。

リスクとリターンは比例しない

ただ、ここから大きな誤解をする人がいます。

どんな誤解かというと、ハイリスクならハイリターンだと思ってしまうことです。

リスクとリターンが比例すると思ってしまうのです。

これは間違いです。

なぜ間違いかというと、リスクが高いのに、リターンが小さい商品は存在するのです。

リスクが高い商品を買ったからといって、大きい儲けが期待できるわけでは有りません。

リターンが小さいどころか、どう考えてもマイナスになる可能性のほうが高い商品すら存在します。

リスクとリターンは比例しません。

これはとても大事なので、ぜひ覚えておいて下さい。

リスクが高い商品は、高いリターンが期待できるのか検討する

実際の投資結果は、時間がたってみないと分かりません。

しかし、大きなリターンが期待できる商品か、リスクの割りに大きなリターンが期待できない商品かはある程度見分けがつきます。

リスクの割りに、リターンが小さい商品をつかまされないように注意しましょう。


投資信託で大損しないようにするには

投資信託での資産運用を考えるなら、その前にiDeCoの検討を

投資信託での運用を考えているあなた。その前にiDeCo は活用していますか?

iDeCo なら、投資信託を使った資産運用ができる上に、有利な節税の仕組みもあります。条件が整えば、年間数十万円単位の節税になる人もいます。この有利な仕組みを使わない手はないでしょう。

ちなみに、手数料等を考慮すると、iDeCo の窓口金融機関にはネット証券がお勧めです。興味がある方は資料請求から。

投資信託では金融機関はどこを使う?

投資信託を使って資産運用をするならSBI証券がおすすめです。取り扱い本数が2,500本以上とかなり多く、顧客満足度も高い証券会社だからです。

投資信託の積立をして長期的な資産形成をする場合も、やっぱりSBI証券が良いでしょう。銀行や信用金庫からの自動引き落しに対応していて、とても便利です。月々100円から積立てられるのもメリットですね。

ETF を選ぶ人は手数料にこだわっている人が多いはずです。もしそうなら、証券会社に支払う売買手数料にもこだわるべきですよね。大手証券会社の窓口なんかで買ったら、手数料が高くなって本末転倒です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , , , ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。