最低でも投資額の10%分 税金を安くする方法

投資信託を購入すると、少なくともその購入額の10%分は税金が安くなると聞いたらどうお感じでしょうか?

100万円分投資信託を購入すると、10万円は税金が安くなるのです。

そんな上手い話はあるはずが無いとお感じですか?

普通はそうですよね。

でも、そういう制度が実際にあるんです。

確定拠出年金の個人型といいます。

しかも、これは胡散臭い仕組みでも何でもありません。

国が定めている制度です。

投資額の10%を税金の節約と言う形で取り戻せたら、投資に失敗する可能性はかなり小さく出来ると思いませんか?

普通に投資する人とは、スタート時点で10%差がついているのですから。

SBI証券

確定拠出年金(個人型)を利用する

確定拠出年金の個人型を使うと、貯蓄をしながら節税が出来ます。

どういう仕組みなのでしょうか?

確定拠出年金の個人型というのは、個人が老後のためにお金を運用する仕組みです。

毎月一定の掛け金を拠出して、それを自分で運用します。

運用と書くと、とても難しいことのように感じるかもしれません。

しかし、そんなことはありません。

確定拠出年金用に用意された投資信託や預金などの金融商品を、毎月購入するように指示するだけです。


さて、確定拠出年金で税金が安くなる仕組みとはどのようなものでしょうか?

少し長くなったので、ページを分けましょう。

次のページに続きます。


●確定拠出年金をはじめるなら…

SBI証券


投資信託で大損しないようにするには

投資信託での資産運用を考えるなら、その前にiDeCoの検討を

投資信託での運用を考えているあなた。その前にiDeCo は活用していますか?

iDeCo なら、投資信託を使った資産運用ができる上に、有利な節税の仕組みもあります。条件が整えば、年間数十万円単位の節税になる人もいます。この有利な仕組みを使わない手はないでしょう。

ちなみに、手数料等を考慮すると、iDeCo の窓口金融機関にはネット証券がお勧めです。興味がある方は資料請求から。

投資信託では金融機関はどこを使う?

投資信託を使って資産運用をするならSBI証券がおすすめです。取り扱い本数が2,500本以上とかなり多く、顧客満足度も高い証券会社だからです。

投資信託の積立をして長期的な資産形成をする場合も、やっぱりSBI証券が良いでしょう。銀行や信用金庫からの自動引き落しに対応していて、とても便利です。月々100円から積立てられるのもメリットですね。

ETF を選ぶ人は手数料にこだわっている人が多いはずです。もしそうなら、証券会社に支払う売買手数料にもこだわるべきですよね。大手証券会社の窓口なんかで買ったら、手数料が高くなって本末転倒です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。