積立てることで高値で買うリスクを避ける

投資信託で大損を避けるための一つの方法に、積立をすると言う方法があります。

どうして積立が有効なのでしょうか?

そして、積立をするなら、どこの証券会社を利用すれば良いのでしょうか?

簡単に整理してみました。

本当は色々書きたいことがあるのですが、ボリュームが増えすぎて大変なので、ポイントだけご紹介します。

安い値段で買うのは難しい

投資信託は価格が変動する商品です。

価格が安いときに買って、高いときに売れれば大きく儲ける事ができます。

株式などと同じですね。

問題は、それが出来るかということです。

結論から言うと、安いタイミングを選んで買うのは、なかなか難しいといえるでしょう。

それが出来れば、誰でもお金持ちになれますよね。

積立てることで平均的な価格で買える

安いタイミングで買うのが難しければどうしたら良いのでしょうか?

その答えは、積立を使って平均的な価格で買うことです。

積立を使うと、結果的に平均的な値段で投資信託を買うことが出来ます。

より正確に言うと、積立をすると平均よりも安い値段で買うことが出来ることがわかっています。

毎月一定額を積立てると、結果的にドルコスト平均法と言う投資手法をとることになるからです。、

楽天証券がおすすめ

投資信託の積立をするときにおすすめなのが楽天証券です。

楽天証券は一つの投資信託につき1,000円から積立投資をすることが出来るのです。

多くの証券会社では、積立の最少額は月々1万円です。

別のページで、投資信託は分散する方が良いと書きました。

しかし、1ファンドにつき1万円で、複数の投資信託を積立で分散しようと思ったら、毎月かなりの額が必要ですよね。

はっきり言って、これは現実的ではありません。

投資信託の積立をするなら、楽天証券の口座を開きましょう。


楽天証券で口座開設


投資信託での資産運用を考えるなら、その前にiDeCoの検討を

投資信託での運用を考えているあなた。その前にiDeCo は活用していますか?

iDeCo なら、投資信託を使った資産運用ができる上に、有利な節税の仕組みもあります。条件が整えば、年間数十万円単位の節税になる人もいます。この有利な仕組みを使わない手はないでしょう。

ちなみに、手数料等を考慮すると、iDeCo の窓口金融機関にはネット証券がお勧めです。興味がある方は資料請求から。

投資信託では金融機関はどこを使う?

投資信託を使って資産運用をするならSBI証券がおすすめです。取り扱い本数が2,500本以上とかなり多く、顧客満足度も高い証券会社だからです。

投資信託の積立をして長期的な資産形成をする場合も、やっぱりSBI証券が良いでしょう。銀行や信用金庫からの自動引き落しに対応していて、とても便利です。月々100円から積立てられるのもメリットですね。

ETF を選ぶ人は手数料にこだわっている人が多いはずです。もしそうなら、証券会社に支払う売買手数料にもこだわるべきですよね。大手証券会社の窓口なんかで買ったら、手数料が高くなって本末転倒です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


タグ: , , ,

関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。