投資信託の基準価額って何?

投資信託には基準価額というものがあります。これは株式投資における株価のようなものです。この基準価額の動きをチェックすることで、損益が分かるようになっています。

ちなみに一般的には、投資信託1万口辺りの価額を基準価額とすることが多いようです。ただ、1口当たりの価額をあらわす場合もあります。

余談ですが、基準価格ではなく基準価額です。ご注意ください。もっとも、ファイナンシャル・プランナーなどでも間違って使っていることも多いようですけどね。

例えばこんな感じ

さて、基準価額に関して、ちっと例を挙げて考えてみましょう。

例えば、購入時に基準価額10,000円だった投資信託Aがあるとします。つまり1万口で1万円ということですね。

この投資信託Aの基準価額が1年後に12,000円になったとします。この時に投資信託を売れば、2割儲かることになります。

実際には税金がかかるので、2割は儲かりませんけどね。

何にしても、こんな感じで、基準価額を追うことで投資状況が分かるわけです。

基準価額は買ったときには分からない

基準価額には一風変わった特徴があります。それは、基準価額は購入時点ではいくらなのか分からないのです。

なぜそんなことがおこるのかというと、基準価額は1営業日に1回計算されるからです。しかも、購入した次の回に算出された基準価額で購入することになります。

つまり、注文を出したから株しい市場が大きく動いた場合などは、思ったより高い基準価額で買うことになる可能性もあるわけです。例えば、前日に基準価額10,000円の投資信託を注文した後に大きな経済的なニュースがあって株価が暴落したとします。その結果、基準価額9,500円で投資信託が買えるなんてこともあるわけです。

購入する上では基準価額が事後に決まる仕組みは問題にならない

購入するタイミングで価格が分からないと、支払いが不便そうに感じる人もいるでしょう。しかし、それは大丈夫です。

投資信託は、1万円分とか10万円分といった形で、売買金額を指定して注文できるのです。そういう場合は、購入する口数は、基準価額が決まった後に決定することになります。

例えば、1万円で購入した投資信託の基準価額が、購入後直近の基準価額の計算で5,000円だったとします。この場合は、2万口の投資信託が買えるという具合です。

投資信託での資産運用を考えるなら、その前にiDeCoの検討を

投資信託での運用を考えているあなた。その前にiDeCo は活用していますか?

iDeCo なら、投資信託を使った資産運用ができる上に、有利な節税の仕組みもあります。条件が整えば、年間数十万円単位の節税になる人もいます。この有利な仕組みを使わない手はないでしょう。

ちなみに、手数料等を考慮すると、iDeCo の窓口金融機関にはネット証券がお勧めです。興味がある方は資料請求から。

投資信託では金融機関はどこを使う?

投資信託を使って資産運用をするならSBI証券がおすすめです。取り扱い本数が2,500本以上とかなり多く、顧客満足度も高い証券会社だからです。

投資信託の積立をして長期的な資産形成をする場合も、やっぱりSBI証券が良いでしょう。銀行や信用金庫からの自動引き落しに対応していて、とても便利です。月々100円から積立てられるのもメリットですね。

ETF を選ぶ人は手数料にこだわっている人が多いはずです。もしそうなら、証券会社に支払う売買手数料にもこだわるべきですよね。大手証券会社の窓口なんかで買ったら、手数料が高くなって本末転倒です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。