投資信託に愛称は必要なのか?「ゼウス」とか「杏の実」とか

売れている投資信託には、愛称がついているものも多いです。例えば、過去に紹介した投資信託の純資産ランキング上位の投信の中には、次のようなものがありました。

■ ハイグレード・オセアニア・ボンド(毎月分配)『愛称:杏の実』(大和投信)
■ 新光 US-REITオープン『愛称:ゼウス』(新光投信)

これって必要なのか?

投資信託の愛称に関しては、昔からの疑問があります。

一つは「投資信託に愛称って必要なのでしょうか?」という存在意義に対する疑問です。そしてもう一つが、「なんでこんな頓珍漢な名前をつけるのだろうか?」という命名のセンスに対する疑問です。

特に、2つ目に関しては、軽い怒りすら覚えています。

愛称は意外と必要なのかも

一つの投資信託会社(委託会社)が同じような投信をいくつも設定するはずはありません。ですから、正式名称と投資信託会社が分かっていれば、投信を特定するのは難しくありません。

仮に銀行の窓口に行って購入するような場合でも、買いたい投信が分からなくなって困るなんて事は起こらないわけです。ですから、率直に言って、投資信託の愛称は存在しなくてもいいものだと思っていました。

ただ、これに関しては最近少し考えが変わりました。投資になじみがない方には、短い愛称が便利かもしれないと思うようになったのです。

実際、私が持っている他のサイトのデータを見ると、「ゼウス」という検索ワードで情報を探している人が多い事が分かります。1 ですから、実用的なものなら存在しても良いと思うようになりました。

ただ、愛称がついていない人気投信が多いのも事実なんですよね。ですから、必ずしも必要なものとは思えません。まあ、それでも、一定の存在価値はあるという認識で良いのかなという事でしょうね。

小っ恥ずかしい名前つけるなよ!

ただ、2つ目の疑問の方は全く解決できていません。

投資信託会社の人たちは、なんであんな恥ずかしい名前をつけるのでしょうか?中には、呼ぶのを躊躇するような名前すらあります。個人的には、「風物語」みたいなメルヘンチックな乗りの愛称は駄目です。

そんな中では「ゼウス」というのはまだマシな方なのかなあ。でも、証券会社の店頭に行って、「ゼウスを100万円分!」なんて注文したくないですよね。そんな恥ずかしい思いをするくらいなら、欲しくても我慢します。

そもそも、アメリカのREIT へ投資する投資信託で、なんでゼウスなのかが疑問ですよね。ゼウスというのは、もともとギリシャの神様ですから。アメリカとは、どう考えても無関係なのです。

さらに言うと、ゼウスは「社会秩序を司る天空神(ウィキペディア)」なのだそうです。不動産関係ないじゃん。

ギリシャ神話で大地の神様とされるのは「デーメーテール」なのだそうです。ですから、「新光 US-REITオープン『愛称:デーメーテール』」ならまだしっくりくるでしょう。

まあ、そもそもデーメーテールの事は知らない人が多いでしょう。私も今回調べて初めてしりました。知名度が低い名前は、愛称としては無価値でしょうね。

敢えて「デーメーテール」だったら、面白いとは思いますけどね。

真面目な話、アメリカのREIT に投資する投信だったら、「摩天楼」とかじゃ駄目だったのかなあ。あるいは地価の高そうな場所という意味で「マンハッタン」とか。

ぜんぜん関係無い名前にするのも、何か意味があるのでしょうか?よくわかりません。

愛称というのはダサいものなのかも

ただ、小っ恥ずかしい愛称をつけるのは、投資信託に限りません。スポーツチームでもダサい愛称ってありますよね。特に、テレビが絡むと。

女子バレーの「火の鳥NIPPON」は最初聞いたときに冗談だと思いました。今、平成だよ!

あと、バレーに関しては、選手一人一人につけるキャッチフレーズも馬鹿みたいでしたよね。恥ずかしいから書きませんけど。

最近は改善されたのかなあ。テレビで中継を見ていると、鳥肌が立つんだけどな。テレビ離れの一因は、冗談抜きでこのセンスだと思うのです。

バレーだけじゃなくて、カーリングもドン引きでした。「クリスタル・ジャパンって!」って思いましたもの。最初に聞いたとき。

フィギュアスケートでクリスタルならまだしっくり来ますけどね。カーリングはそのイメージじゃないでしょう。

こうやって見てみると、そもそも愛称というのはダサいものだということで良いのでしょうか?そうとしか言えないですよね。そういう暗黙のルールでもあるのでしょうか。

でも、恥ずかしくなるような愛称はぜひやめていただきたいものです。せめて、照れずに呼べるもが良いです。


  1. 例えば、次のページとか「http://www.net-sec-hikaku-erabu-osusume.com/2013/02/14/208.html」 []

投資信託での資産運用を考えるなら、その前にiDeCoの検討を

投資信託での運用を考えているあなた。その前にiDeCo は活用していますか?

iDeCo なら、投資信託を使った資産運用ができる上に、有利な節税の仕組みもあります。条件が整えば、年間数十万円単位の節税になる人もいます。この有利な仕組みを使わない手はないでしょう。

ちなみに、手数料等を考慮すると、iDeCo の窓口金融機関にはネット証券がお勧めです。興味がある方は資料請求から。

投資信託では金融機関はどこを使う?

投資信託を使って資産運用をするならSBI証券がおすすめです。取り扱い本数が2,500本以上とかなり多く、顧客満足度も高い証券会社だからです。

投資信託の積立をして長期的な資産形成をする場合も、やっぱりSBI証券が良いでしょう。銀行や信用金庫からの自動引き落しに対応していて、とても便利です。月々100円から積立てられるのもメリットですね。

ETF を選ぶ人は手数料にこだわっている人が多いはずです。もしそうなら、証券会社に支払う売買手数料にもこだわるべきですよね。大手証券会社の窓口なんかで買ったら、手数料が高くなって本末転倒です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。