ファンドオブファンズはファミリーファンド方式と似ているが…

前のページで見たように、ファミリーファンド方式と言うのは、株や債券に投資する前にマザーファンドをかませる仕組みでした。それに似た仕組みなのがファンド・オブ・ファンズ(FOFs)という投資信託です。

FOFs というのはどんな投資信託なのでしょうか。どんなふうにファミリーファンド方式と似ているのでしょうか。簡単にチェックしていきましょう。

他の投信に投資する投資信託

FOFs というのは、一言で言うと、別の投資信託に投資する投資信託のことを言います。株や債券ではなく、投資信託に投資するわけですね。

株や債券に投資する前に、別の投資信託をかませると考えると、分かり易いかもしれません。

イメージとしては次のような感じになります。

FOFs のイメージ

76

マザーファンドに投資するか別の投資信託に投資するかの違いだが

ファミリーファンド方式の投資信託のイメージも載せておきましょう。

■ ファミリーファンド方式のイメージ

75

これらの図を比べれば一目瞭然ですが、ファミリーファンド方式とFOFsの流れはほとんど同じです。途中でかませるのがマザーファンドか別の投資信託かという程度の違いしかありません。

考え方としては非常に良く似ているシステムだと考えて良いでしょう。

ただ、有利不利と言う観点で考えると、全く結果は違ったものになりそうです。一般に、FOFs はファミリーファンド方式と比べると、圧倒的に不利だと考えられるのです。

なぜかと言うと、FOFs は手数料が割高になる傾向があるのです。ですから、余程の理由がない限り、FOFs は利用すべきではないというのが個人的な見解です。

投資信託での資産運用を考えるなら、その前にiDeCoの検討を

投資信託での運用を考えているあなた。その前にiDeCo は活用していますか?

iDeCo なら、投資信託を使った資産運用ができる上に、有利な節税の仕組みもあります。条件が整えば、年間数十万円単位の節税になる人もいます。この有利な仕組みを使わない手はないでしょう。

ちなみに、手数料等を考慮すると、iDeCo の窓口金融機関にはネット証券がお勧めです。興味がある方は資料請求から。

投資信託では金融機関はどこを使う?

投資信託を使って資産運用をするならSBI証券がおすすめです。取り扱い本数が2,500本以上とかなり多く、顧客満足度も高い証券会社だからです。

投資信託の積立をして長期的な資産形成をする場合も、やっぱりSBI証券が良いでしょう。銀行や信用金庫からの自動引き落しに対応していて、とても便利です。月々100円から積立てられるのもメリットですね。

ETF を選ぶ人は手数料にこだわっている人が多いはずです。もしそうなら、証券会社に支払う売買手数料にもこだわるべきですよね。大手証券会社の窓口なんかで買ったら、手数料が高くなって本末転倒です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。