ファンド・オブ・ファンズは手数料が高い(投資信託2本分)

ファンド・オブ・ファンズ(FOFs)の問題点は何かと言うと、手数料が高くなりがちだという点にあります。しかも、かなり高くなる可能性が大きいです。

どうしてFOFs の手数料が高くなるのでしょうか。簡単に説明しましょう。

構造的に手数料が高い

まずFOFs というのは何かですが、一言とで言うと投資信託に投資する投資信託です。ですから当然ですが、信託財産のかなりの部分で、別の投資信託に投資する事になります。

FOFs が購入する投資信託は普通の投資信託です。ということは、信託財産から信託報酬という手数料を抜いていきます。また、投資信託を購入した時に、販売手数料という手数料を取っているかもしれません。

私達が投資した投資信託Aは、当然ですが信託財産から手数料を抜きますよね。そして、その投資信託が投資した投資信託Bがさらに手数料を抜くわけです。

結局、手数料が投資信託2本分かかることになるのです。

イメージとしては次のような感じになります。厳密に言うと、信託財産の中から手数料は自動的に抜かれるので、この図のようにお金の流れがあるわけではありませんけどね。

■ ファンド・オブ・ファンズの手数料

77

投資信託の手数料はただでさえ高いことが多い

投資信託の手数料は、ただでさえ高いことが多いです。1本分の手数料でも高いのに、2本分の手数料となったら、運用への影響は甚大です。

はっきり言って、かなり大きなハンディキャップを背負って投資をするのと同じ事になるわけです。そんな状態を自ら作ることはないでしょう。

ですから、私個人としてはファンド・オブ・ファンズは避けた方が良いのではないかと考えるわけです。

投資信託での資産運用を考えるなら、その前にiDeCoの検討を

投資信託での運用を考えているあなた。その前にiDeCo は活用していますか?

iDeCo なら、投資信託を使った資産運用ができる上に、有利な節税の仕組みもあります。条件が整えば、年間数十万円単位の節税になる人もいます。この有利な仕組みを使わない手はないでしょう。

ちなみに、手数料等を考慮すると、iDeCo の窓口金融機関にはネット証券がお勧めです。興味がある方は資料請求から。

投資信託では金融機関はどこを使う?

投資信託を使って資産運用をするならSBI証券がおすすめです。取り扱い本数が2,500本以上とかなり多く、顧客満足度も高い証券会社だからです。

投資信託の積立をして長期的な資産形成をする場合も、やっぱりSBI証券が良いでしょう。銀行や信用金庫からの自動引き落しに対応していて、とても便利です。月々100円から積立てられるのもメリットですね。

ETF を選ぶ人は手数料にこだわっている人が多いはずです。もしそうなら、証券会社に支払う売買手数料にもこだわるべきですよね。大手証券会社の窓口なんかで買ったら、手数料が高くなって本末転倒です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。