ETFの信託報酬が安いのは証券会社の取り分が無いから

ETF の大きな特徴の一つが手数料の安さです。非上場の投資信託の信託報酬に比べ、ETF の信託報酬は非常に安いのです。1

ETF の運用管理費用が安い理由は何なのでしょうか。ETF という特別な名前がついているとは言え、基本的にはインでクスファンドのようなものですよね。何がそんなに違うのでしょうか。

いくつか理由は考えられますが、大きな理由の一つは、販売会社の取り分が無いからでしょう。

ETF の信託報酬が安い理由

ETF の信託報酬は、委託会社と受託会社が受け取ります。

委託会社というのは、要するに、運用会社のことですね。そして、受託会社というのは、資金の管理をする信託銀行の事です。

例えば、野村アセットマネジメントの「<TOPIX連動型上場投資信託>TOPIX投信」というETF の場合、委託会社の取り分が年0.075%で、受託会社の取り分が年0.035%で設定されています。いずれも信託財産に対する年率で、税抜きの数字です。

つまり、このETF の場合、信託財産に対して手数料が年率で0.11%ということになるわけです。100万円投資した場合、1年で1,100円くらいの手数料がかかると言うイメージです。

非上場の投資信託の信託報酬の分配方法

一方、非上場の投資信託の場合は、信託報酬の配分はどうなるのでしょうか。

この場合、委託会社と受託会社のほかに、販売会社も信託報酬の一部を受け取ります。販売会社が受け取る信託報酬は、委託会社と同程度と言うことが多いようです。

例えば、「ニッセイTOPIXオープン」というインデックスファンドの場合、信託報酬は次のように決まっています。

  • 委託会社:0.215%
  • 販売会社:0.215%
  • 受託会社:0.07%

いずれも税抜きです。全部合計すると、税抜きで0.5%です。

販売会社に支払う部分だけでもETF の約2倍

信託報酬の販売会社に払う分だけでも、ETF の信託報酬2倍の額になっているわけです。この部分がなくなるわけですから、確かにETF の信託報酬は安くなるはずですよね。

これがETF の信託報酬が安い大きな理由の一つなのです。


投資信託での資産運用ならETFを使うのが合理的
  1. ETF の場合、信託報酬ではなく厳密には「運用管理費用」と言います。ただ、私達としては、同じものだと理解しておいて良さそうですね。 []

投資信託での資産運用を考えるなら、その前にiDeCoの検討を

投資信託での運用を考えているあなた。その前にiDeCo は活用していますか?

iDeCo なら、投資信託を使った資産運用ができる上に、有利な節税の仕組みもあります。条件が整えば、年間数十万円単位の節税になる人もいます。この有利な仕組みを使わない手はないでしょう。

ちなみに、手数料等を考慮すると、iDeCo の窓口金融機関にはネット証券がお勧めです。興味がある方は資料請求から。

投資信託では金融機関はどこを使う?

投資信託を使って資産運用をするならSBI証券がおすすめです。取り扱い本数が2,500本以上とかなり多く、顧客満足度も高い証券会社だからです。

投資信託の積立をして長期的な資産形成をする場合も、やっぱりSBI証券が良いでしょう。銀行や信用金庫からの自動引き落しに対応していて、とても便利です。月々100円から積立てられるのもメリットですね。

ETF を選ぶ人は手数料にこだわっている人が多いはずです。もしそうなら、証券会社に支払う売買手数料にもこだわるべきですよね。大手証券会社の窓口なんかで買ったら、手数料が高くなって本末転倒です。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


関連した記事を読む


コメントは受け付けていません。