図書カード1,000円で投資信託を100万円分買えって…│投資信託は損

投資信託はじめてプラン

某信託銀行が「投資信託はじめてプラン」というキャンペーンをしているようです。
以下の条件を満たすと1,000円分の図書カードがもらえるのだとか。

  • 投資信託振替決済口座(特定口座)を開設すること
  • 期間中100万円以上投資信託を購入すること

街角のポスターか何かで、これを初めて見たとき、「はあ?」と口に出して言ってしまいましたよ。
いくらなんでも、投資家を馬鹿にしすぎだろうと思います。

皆さんも、こんな商品に釣られないで下さいね。
この図書カードが欲しければ、オークションか何かで探して買った方が安上がりだと思います。

何が問題なの?

投資信託を購入すると、販売手数料という手数料を取られます。
この手数料は投資信託によって幅がありますが、最大4%くらいになる場合もあります。

仮に2%だったとして、100万円の投資信託を購入したとすると、2万円は手数料としてかかります。
それでもらえるのが1,000円の図書カードだけ?
馬鹿にしているとしか思えませんね。

もう一つ、付け加えます。
投資信託を買うときはタイミングをずらして買うのが基本です。
例えば、100万円分の投資信託を買うなら、毎月10万円ずつ10ヶ月間に分けて購入したりします。

このようにタイミングをずらさないと、高値のときに買ってしまい、損をする可能性があるのです。
期間を分散し、買値を平準化するのが正しい買い方です。

特に、投資信託は、株式投資のようなタイミングをはかって売買するのが難しい投資です。
一回で買わないというのは、とても大事なことなのです。

今回のキャンペーンでは、一度に100万円分の投資信託を購入しないといけません。
投資家のことを考えていない、ひどい売り方だと思わずにはいられません。

スポンサードリンク