投資信託の用語を分かりやすく説明: ファンド・オブ・ファンズとは

ファンド・オブ・ファンズは、投資信託に投資する投資信託です。
複数の投資信託に投資することで、通常の投資信託以上に分散投資をすることができます。

例えば、あるファンド・オブ・ファンズAが、次の4つの投資信託に投資していたとしましょう。

●日本の債券に投資する投資信託
●日本の株式に投資する投資信託
●世界の債券に投資する投資信託
●世界の株式に投資する投資信託

このとき、投資信託Aを買うことで、株式にも債券にも分散投資できる、投資信託を購入できることになります。

また、BRICsに投資するファンド・オブ・ファンズなども存在します。
次のような4つの投資信託を組み合わせるのです。

●中国株式に投資するファンド
●インド株式に投資するファンド
●ブラジル株式に投資するファンド
●ロシア株式に投資するファンド

一つの投資信託で、十分に分散投資ができるなどのメリットがうけて、ファンドオブファンズは人気があるようです。
ただ、個人的にはそれほどおすすめできる投資信託ではありません。

その理由は、手数料が高いからです。

ファンド・オブ・ファンズが投資信託を購入したら、当然のことながら販売手数料がかかります。
また、ファンド・オブ・ファンズが投資信託を持っているだけで、信託報酬がかかります。

つまり、ファンド・オブ・ファンズは通常の投資信託2本分の手数料がかかるのです。

これだけの手数料負担があれば、投資が上手くいく確率は下がります。
このデメリットは、かなり大きいポイントだと考えて良いでしょう。

スポンサードリンク