投資信託の用語を分かりやすく説明: アクティブ運用とは

アクティブ運用というのは、積極的に運用を行う運用方法です。
具体的には、将来の値上がりが期待できる株式や債券などを選び、タイミングをはかって投資します。

パッシブ運用と反対の概念です。

アクティブ運用のファンドは、ファンドを運用するファンドマネージャーによって投資結果が大きく違います。
有能なファンドマネージャーが投資し、うまくいった場合、市場平均を大きく上回るリターンが期待できます。

一方で、アクティブ運用のファンドは手数料が高い傾向があります。
アクティブ運用のファンドは、ファンドマネージャーの人件費など高いコストがかかるからです。

手数料が高いために、アクティブ運用のファンドの成績を平均すると、市場平均に勝てないという指摘もあります。


関連項目:パッシブ運用 インデックスファンド

スポンサードリンク