投資信託の用語を分かりやすく説明: 基準価額とは

単位口数あたりの投資信託の時価を基準価額と言います。
具体的には、純資産総額をファンド口数で割ったものが基準価額です。

株式の株価に対応するものと考えると分かりやすいでしょう。

基準価額が買付け・換金の基準になります。
簡単に言うと、基準価額10,000円の投資信託を100口買おうと思えば、10,000円×100で100万円必要です。

運用の結果、基準価額が13,000円になった場合、これを換金すると、13,000円×100で13,000円で換金できます。
実際には、販売手数料・信託財産留保額・税などがかかりますが、おおよその考え方は上記の通りです。

尚、一口=一円でスタートしたファンドの場合は、一万口あたりの時価を基準価額とします。
この点は注意が必要ですね。

基準価額は投資信託の運用報告書や月次レポートを見るときにも重要です。
運用の成果を報告する際に、基準価額の増減をグラフ化して報告するからです。

基準価額が上がれば運用が上手く言っている、基準価額が下がれば運用が上手くいっていないという具合に成果をみることが出来ます。


関連項目:純資産総額

スポンサードリンク