投資信託の用語を分かりやすく説明: 純資産総額とは

純資産総額というのは投資信託の時価を表します。
資産総額(ファンドが保有する全資産)から負債総額(ファンドの全負債)を引いた額です。

もう少しわかりやすく言うと、投資信託全体の価値と言っていいでしょう。
今すぐに投資信託の運用をやめ、現金化すると純資産総額と同じ額になるはずです。

まあ、実際に現金化すると、自分自身の売却で株かなり債券価格を下げてしまうことになります。
それに、株価も債券価格も時々刻々と変化しています。

ですから、全く同じにはなりませんけどね。

純資産総額が小さいファンドは、繰上償還のリスクがあります。
繰上償還というのは、ファンドを途中でやめてしまうことです。

また、純資産総額が小さいファンドは、十分な分散投資が出来ません。
その点でも、純資産総額が小さいファンドは避けておいたほうが無難です。


関連項目:基準価額

スポンサードリンク