投資信託の用語を分かりやすく説明: パッシブ運用とは

パッシブというのはアクティブの対義語です。
日本語で言うと、「受動的」とか「消極的」という意味ですね。

つまり、パッシブ運用というのは、消極的な運用方法のことです。

どのように消極的かというと、積極的な値上がりを求めないという意味で消極的なのです。
具体的には、あらかじめ投資方針を細かく定め、その方針に沿って機械的に運用します。

パッシブ運用の中で、ベンチマークを定めこれに連動するように運用するファンドを、特にインデックスファンドと言います。

パッシブ運用のファンドはアクティブ運用を行うファンドに比べ、手数料が安いのが特徴です。
手数料が安い分だけ、アクティブ運用のファンドよりパフォーマンスが良い事が期待できます。


関連項目:アクティブ運用 インデックスファンド

スポンサードリンク