投資信託の用語を分かりやすく説明: 投資信託の分配・分配金とは

投資信託の運用成果を、投資家に払い戻すことを分配と言います。
そして、分配するお金のことを分配金と言います。

株式投資の配当金に相当するものだと思えば理解しやすいでしょう。

分配金をもらえることは、一見うれしいことのように思えます。
ただ、冷静に考えると、純資産総額を減らして投資家に配っているだけです。

その結果、基準価額も下がります。
つまり、自分のお金が自分のところに戻っているに過ぎないのです。

分配は一部の投資家に人気があるようです。
そういう投資化には、毎月分配型と言って、月一回分配を行う投資信託が人気があるようです。

毎月分配型は銀行が販売するときは、セールストークに使いやすいのだと聞いたことがあります。

通常は年1回とか2回のペースで分配を行うのが一般的です。
運用がうまくいっていない場合は、分配が無い場合もあります。

スポンサードリンク