投資信託の用語: インデックスファンドとは

インデックスファンというのは、ある指数に連動する投資信託のことです。
パッシブ運用のファンドの一つです。

指数というのは、日経平均株価指数やTOIPX 、ダウ平均などの株式指数のことです。
インデックスファンドは、これらの指数に連動します。

これらの指数は、ベンチマークと呼ばれます。

例えば、日経平均に連動するインデックスファンドは、日経平均が2%上昇した場合、ファンドの基準価額も2%上昇する。
逆に、日経平均が1%下落した場合、ファンドの基準価額も1%下落するといった具合の値動きをします。

機械的に投資をすることになるので、運用コストが安く済みます。
その結果、投資信託の手数料も低めに設定されます。

コスト重視でファンドを選ぶ方にはおすすめできる投資信託です。

さて、インデックスファンドを考えるとき、ベンチマークすなわち指数が重要です。
しかし、このベンチマークというものはインデックスファンドとアクティブ運用のファンドでは違った使われ方をします。

詳しくは、「ベンチマークとは」「インデックスファンドとベンチマーク」をご覧下さい。


関連項目:パッシブ運用 アクティブ運用とは

スポンサードリンク